税務書類の作成などが手間に感じたら税理士に依頼するべし!

税金に関連する相談は税理士へ

税理士は、「税金のプロ」として個人や企業の税金に関する業務を行います。複雑な税金に関する相談に乗り、円滑に納税できるように手助けをしてくれます。毎年の確定申告はもちろんですが、税金に関してさまざまな不安や疑問が出たときは、税理士に相談することで問題の解決が期待できます。

税理士が扱っている相談内容

税務代理

税理士は、納税者(個人・企業)に代わって税金の申告を行うことができます。これは、税理士だけに許された業務です。専門的な知識のない人にとっては、確定申告は分かりにくいものですから、大阪などの都市部でも地方でも、税理士が税務業務を代行しています。

税務書類の作成

確定申告を行うには、ややこしい帳簿つけや申告書の作成が必要です。複雑な帳簿付けを企業内で行える人がいない場合は、税理士が代行してくれます。帳簿を元に作成する申告書なども税理士がきちんと作成しますので、安心して確定申告に臨むことができます。

税務相談

副業したが確定申告は必要だろうか、家族にお金を渡したいが贈与税は払うべきか、我が家には相続税がかかるのだろうかなど、税金に関する疑問はたくさんあります。それらの疑問に答えてくれるのが税理士です。払うべき税金を払わずにいて後で税務署から指摘されないように、わからないことは税理士に相談しましょう。

税務書類の作成などが手間に感じたら税理士に依頼するべし!

男性

相続に関する相談もおまかせ!

亡くなった人が持っていた遺産を一定額以上相続したら、相続した人は相続税を払わなくてはいけません。2015年に基礎控除額が引き下げられ、たとえば相続人が2人なら遺産額が4200万円から、3人なら4800万円から相続税がかかるようになりました。そのため、都会に土地を持っていると相続税が必要になる人が増えています。相続税についても、税理士が的確な指導をしてくれます。

手続きが複雑な確定申告を依頼しよう

自営業の人は確定申告を行うために、帳簿つけや、損益計算書や貸借対照表の作成など、ややこしい仕事が必要になります。それらの煩雑な業務は、税理士に任せることができます。サラリーマンの人でも、土地を売ったときや医療費控除を受けたいときなどに、確定申告が必要になります。よく分からない書類に頭を悩ませるよりは、税金のプロの税理士に任せると手間がいらず、計算間違いなどの心配もありません。

税務調査の立ち合いをしてもらおう

「税務調査」とは、申告内容が正しいか確認するため、税務調査官が帳簿などを調べることです。このときは社長や事業主が立ち会う必要がありますが、税理士にも一緒に立ち会ってもらえます。税理士がいると、調査官への対応を任せることができますし、後に修正申告が必要になったときも、スムーズに書類を作ることができます。
調査官の質問に経営者が一人で答えるのは、想像以上に精神的な負担が大きいので、税理士に一緒にいてもらえると助かります。

顧問契約前に確認しておきたい項目ランキング!

no.1

1位:親身になってくれるか

税理士の顧問契約とは、企業が顧問料を払って一定の期間の税務処理を任せるという契約を税理士と結ぶことです。税金関係のことはその税理士に任せておけるという安心感が得られます。
顧問契約を結ぶ際には、税理士がどのような目線で業務をおこなっているかということを見逃さないでください。顧客の立場で親身になってアドバイスをしてくれる人が良い税理士です。「〇〇先生」と呼ばれ、横柄な雰囲気を漂わせている税理士もいます。

no.2

2位:節税に積極的か

税理士に「節税」を期待する企業もあります。しかし、正式な税理士の業務は納税の支援であって、節税の指導ではないのです。節税についてはあまり積極的でない税理士がいるのも事実です。ですから顧問契約の前に、どの程度まで節税について教えてくれるか、尋ねてみましょう。はっきりとした回答が得られないときは、節税に消極的な税理士である可能性もあります。

no.3

3位:追加料金はないか

顧問料に関しては、他の税理士と比較してみることも必要です。また、最終的に必要な料金はどのくらいになるか、ということも確認しておきましょう。顧問料の他に、出張費や相談料などの名目で料金が発生することもあるからです。サービスに対して明確な料金を提示する税理士を選びましょう。

no.4

4位:業界に詳しいか

税理士にも、建築業界に詳しい、飲食業界に詳しいなど、得意の分野があります。自分の業界に強い税理士ならば、より的確な節税の方法や、業務改善のアドバイスをしてくれます。その税理士が他に担当している会社名を尋ねてみると、どのような方面に詳しいか分かります。

no.5

5位:誰が担当するのか

助手や事務員などのスタッフを抱えて業務を行っている税理士もいます。そのような税理士と顧問契約を結べば、税理士本人ではなく事務所のスタッフが担当になることもあります。経験や知識が不足している新人が担当になると、心許ない場合もありますので、どのような人が担当するのか、確認しておきましょう。

広告募集中